医療業界で働きたい方へ

コントラクトMRとして働く

アポプラスステーションが目指すのは「医療現場から求められる医薬情報担当者(MR)」

私たちCSO事業部は、製薬会社などに優秀なコントラクトMRを派遣するサービスを行っています。
アポプラスステーションが目指すのは、医療現場から求められる医薬情報担当者(MR)の育成です。

MR未経験でも「MR認定資格」の取得と「将来の幅広い領域での活躍」が可能

未経験者には、確実にMR認定資格がとれるよう、十分に時間をかけたMR導入教育や定期的な対策講座、直前講座を実施しています。即戦力として活躍できるよう、医療現場での接遇や安全性情報の提供・収集を確実に実施できる アウトプットトレーニングにも重点をおいています。
MR認定試験合格後は、APS COLLEGEで症例ベースの知識を習得することで、幅広い領域で活躍することが可能です。 また、1年次研修、2年次研修を通して、医療人としてのマインドを醸成し、なおかつ「医療現場から求められる医薬情報担当者」としての「スキルアップ研修」も行っています。

  • APS COLLEGE APS COLLEGE

一人ひとりのスキルに合わせた研修プログラムを用意

MR経験者には、一人ひとりの希望を実現するための研修プログラムを用意しています。
アポプラスステーションのめざすMRのベースとなるのは、生活習慣病全般を理解したジェネラルMR(G MR)です。APS COLLEGEでジェネラルMRに求められる基礎知識や医療制度を習得したのち、希望と適正に応じてプロフェッショナルMR(G MR plus)を目指すカリキュラムが受講できます。
現在、オンコロジー、炎症性腸疾患(IBD)、中枢神経系疾患(CNS)の3つの専門領域でプロフェッショナルMRを育成するカリキュラムがあります。e-ラーニングとWeb会議を用いた研修、集合研修、専門医による講義・ロールプレイなどを組み合わせた充実したプログラムにより修了者は各専門領域で活躍しています。
さらに、医療制度、診療報酬の理解を深めるために、医療経営士などの資格取得に挑戦する方へ向けたビジネスコースなど一人ひとりのキャリアプランを支える研修体系となっています。

“Face to Face”重視のサポート体制

多様な勤務体制の中でも安心して働けるよう、派遣期間は、アポプラスステーションのプロジェクトマネージャー(PM)やスーパーバイザー(SV)がコントラクトMR一人ひとりに寄り添い、定期的な面談や課題解決のきめ細やかなサポートを行っています。アポプラスステーションでは、Face to Faceを大切にしていますが、Webによる面談を含め、オフライン・オンラインを組み合わせたサポート手法も取り入れています。
「複数の領域の経験を積みたい」「専門領域のプロフェッショナルMRとして働きたい」「マネジメント職につきたい」など、目標の実現に向けたキャリアパスと、「いのちの現場の、力になりたい。」というコーポ―レートスローガンのもと、医療現場と患者さんに貢献したいという気持ちをアポプラスステーションは全力でサポートします。

メッセージ CSO事業部

アポプラスステーション株式会社 CSO事業部長 八所孝志

医療現場から求められる医薬情報担当者(MR)を目指して

アポプラスステーション株式会社
CSO事業部長
八所孝志

「医療用医薬品の販売情報提供活動に関するガイドライン」の施行に加え、2020年以降COVID-19による訪問制限により、MRを取り巻く環境は大きく変わりました。製薬会社等のMRだけでなく、全社的な適正人員の見直しが進む中で、2020年3月末時点で製薬会社のMRは、ピーク時の2013年より約19%減少しました(MR白書2021年度版)。
一方、コントラクトMRに目を向けると、全MRに対する比率では6.9%と増加傾向にあります。MRの総数は減少する中で、急激なMR削減の緩衝として、また新規領域進出時のリスクヘッジとしてコントラクトMRを活用する企業は増加傾向にあり、将来的には8~10%に増加すると予想されています。もちろん環境変化に対応して、求められるMR、コントラクトMRの役割、資質も大きく変化しています。
アポプラスステーションのコントラクトMRに対して、約7割の派遣先企業から、プロジェクト終了後も延長して働いてほしい、場合によっては転籍してほしいとのご要望をいただいていますが、アポプラスステーションでさらに多様性、専門性を身につけたいというMRが増えています。
これは、アポプラスステーションの、「医療現場から求められる医薬情報担当者(MR)」を目指し、専門領域MR育成を含む教育体制の充実を図ることにより、MRとしてのキャリア形成をサポートしてきた結果ではないでしょうか。また、どの製薬会社に配属されても医療現場に貢献できる活動手法の導入により、オンライン・オフラインを使い分け、医療従事者に確実にコンタクトをとり、企業の実績に短期間で貢献できるMRの育成に取り組んできたことも反映していると自負しています。
「医療現場から求められる医薬情報担当者(MR)」になることは、生易しいものではありませんが、私たちは、2017年より「MRにこだわる」を基本方針として、コントラクトMR一人ひとりの希望を実現するために投資してきました。MRになりたい、MRを継続したいという皆さんの想いを受けとめ、MRの未来を共に創っていく、これが私たちの責務です。是非、一緒にニューノーマルのその先に開けるMRの未来を共に創りませんか。その思いを実現したいという方を心よりお待ちしています。