法人の方へ

アポプラスステーションのコントラクトMR

プロジェクトの特性に合わせたプランをご提供

アポプラスステーションは国内最多の取引企業数を有しており、MRの人数や能力・要件、勤務条件など、プロジェクトの特性に合わせ、フレキシブルに対応することができます。
アポプラスステーションのコントラクトMRは主に製薬企業の業務指示に従う「派遣」形態で業務に従事しています。

アポプラスステーションは医薬情報担当者(MR)にこだわります

アポプラスステーションのコントラクトMRは製薬業界で働くためのコンプライアンスを常に意識した上で「医療従事者としてのマインド」と「営業職としてのマインド」を兼ね備えています。
「医療現場から求められる医薬情報担当者(MR)」として、医療用医薬品の安全性情報を基軸とした情報収集、提供を行うことで医療業界の発展に寄与するという想いを大切にし、同時に「営業職」として成果にこだわるマインドを追求しています。
また、コンプライアンスが医薬情報担当者にとっての基本と位置付け、薬機法、GXP、販売情報提供活動ガイドライン、公正競争規約をはじめとした配属前研修の充実に努めてきました。配属後も毎月スーパーバイザーを通じた研修に加え、e-ラーニングを実施しています。

「G MR(ジェネラルMR)」をベースに「G MR plus(専門領域MR)」を育成

アポプラスステーションでは、プライマリーケア領域全般を担い、医療制度・流通を含めた医療業界全体を理解した「G MR(ジェネラルMR)」を基本と考えています。
社内認定制度としてAPS COLLEGEを設け、自己学習、集合研修での症例検討などを中心に、薬剤知識だけではなく医療制度にも精通した教育を行い、能力試験を行った上で「G MR(ジェネラルMR)」を認定しています。
さらに、「G MR(ジェネラルMR)」認定後のステップとして、オンコロジー領域や炎症性腸疾患領域、中枢神経疾患領域に精通した「G MR plus(専門領域MR)」の育成にも力を入れています。

また、APS COLLEGEには、「医療経営士」の資格取得を通じて医療制度、診療報酬を理解し、医療経営、地域包括ケアに貢献する活動を視野に入れた専門コースもあります。

メッセージ CSO事業部

アポプラスステーション株式会社 CSO事業部長 八所孝志

より多くの医療従事者に会えるMRを提供することで事業計画に貢献します。

アポプラスステーション株式会社
CSO事業部長
八所孝志

新型コロナ感染症が続くなか、医療業界における情報提供のあり方は劇的な変化を強いられました。アポプラスステーションではこのコロナ禍においても、質の高いコントラクトMRを提供することが使命であると考え、製薬企業の事業計画に短期間で貢献できるMRを育成するために、独自のマネジメントと教育研修を行っています。
派遣後は、全てのコントラクトMRに対して、弊社マネージャーがクライアント上長様と合意の上で、3ヶ月で成果を出すために独自の「APSマネジメント・メソッド」によるサポートを行っています。これは、今の処方を大切にし、薬剤師を通じた情報提供活動を通じて、医師を含む医薬関係者により多くコンタクトを可能とする手法です。この手法には、卸・MSの活用を含み、コロナ禍の中でも、リアルとリモートを駆使しながら「価値ある情報提供」を常に意識したMR活動は、クライアント上長様から期待を上まわる満足度であると評価されています。
もうひとつの柱である教育研修は、専門領域MR育成を頂点とした学術知識を体系的に学ぶAPS COLLEGEがありますが、その根本には、コンプライアンス研修があります。社長以下経営陣全員が毎月の朝礼にてコンプライアンス研修を率先して受講し、MRに対しても毎月マネージャーよりOne-on-Oneにて、倫理・安全性に関しての研修を実施しています。その上で、学術知識を体系的に身に付けて行きます。更に、医療制度、診療報酬をはじめ医療経営士取得にチャレンジするコースも用意し、多職種に渡る医療関係者に受け入れられるMRとして総合的に育成しています。
この2つの柱の下、異業種、MRも採用し育成を行っています。異業種採用にあたっては、医薬情報担当者として「生活者としての患者さん、ご家族の想いに応えたい」という想いを共有できる資質をもった人材を、独自の基準により採用し3カ月に渡る導入研修、2年次研修、3年次研修を通じて「社会人として、営業人として、医薬情報担当者として」自らが成長できるコントラクトMRとして、クライアントに派遣し、業績に貢献してまいりました。
これらのマインド・知識・スキル研修、マネジメントを通じて「医療現場から求められる医薬情報担当者」として、より多くの医療従事者に会えるコントラクトMRを派遣することで、医療業界に貢献したいと考えています。