任せるならアポプラスステーション。その根拠をまとめました。

アポプラスステーションとして

CSO事業のコアとなる教育研修部門

製薬企業がCSO企業に求めるテーマは様々です。プライマリーやジェネリックなど製品カテゴリーという面からのオーダーだけでなく、キャリアや専門性、リーダーシップなどMR自身の本質的な能力を問われるようになっています。そうした中でアポプラスステーションは、人材育成の拠点として研修部門を擁しています。同部署では、大学等の教育機関よりエグゼクティブアドバイザーを招聘。教育プログラムの開発や講義で協力を仰いでいます。この体制により、異業種からの転身者も、短期間で専門的なMRへと育成しています。

人員増加を加速、将来はCMR1,000人規模に

必要なときに、必要な能力のある人を、必要な数だけ。BPOを謳うのであれば、どんなオーダーにもお応えできる体制づくりが必要です。そこでアポプラスステーションでは、個々の能力アップだけでなく、人員の絶対数の確保に注力。近い将来は1,000人規模にする予定です。

メディカルジョブ事業では、一人のコンサルタントが、複数の資格や雇用形態に対応

資格の種類(薬剤師・看護師など)や、雇用形態(派遣、正社員、アルバイトなど)をすべて一人のコンサルタントで対応できるよう、スキルと経験を積み重ねています。こうしたコンサルタントの「多能工化」により、お客様のご相談にワンストップでお応えすることができます。また、派遣法など人事関連知識に強く、コンプライアンスを意識したアドバイスが可能です。

クオールグループとして

クオール薬局では現場感覚を習得

全国500店舗以上のクオール薬局とタイアップし、実地研修も行っています。薬剤師による服薬指導や医薬品の説明を見聞きすることで、薬剤の知識と現場感覚を併せ持ったMRの育成が可能になります。MRは患者様の顔を見る機会がないとよく言われますが、こうした当社独自の研修によって、これまでにない意識と倫理観に支えられたMRを生み出すことができます。

治験も医薬品の注意書きも、ワンストップで受託

お客様である製薬企業は、MRだけを求めているのではありません。たとえば治験フェーズでは多数の専門家の協力が不可欠です。また上市の際はパッケージから注意書きにいたるまで、制作を担える人材が必要です。そして、こうしたニーズをひとつの窓口でお応えできるのがアポプラスステーションの強み。何か相談されたとき、「それなら担当者を訪問させます」と即答できる。だからこそ、BPOを口にする資格があると自負しています。

アポプラスステーション株式会社
〒103-0027 東京都中央区日本橋二丁目14番1号 フロントプレイス日本橋
TEL:03-5800-5827FAX:03-5800-5829
Pマーク クオール