― 私たちががお伝えしたいこと

MRの経験者として、現場がわかる強み。

「楽しさ、つらさ」を、現場の言葉で語り合える。

CSO事業は経営における柱のひとつです。中でも同事業の主役となるコントラクトMRは、当社の誇る人的資産であると断言できます。ただ同職種に関しては、製薬企業に属して活動するという業務の性質上、どうしてもモチベーションマネジメントが弱点となってしまいます。これは業界共通の根深い課題であると言えるでしょう。しかしながら、この部分において大きなアドバンテージになると考えているのが、私自身の経歴です。私は長らくMRとして、先発品・ジェネリックともに経験を積んできました。実感として「楽しさ、つらさ」を語ることができるので、孤独になりやすいコントラクトMRの気持ちを受け止めることができます。また一生のキャリアパスを用意する重要性も理解しているため、現実に沿った人事の仕組みを作れます。単なる経営トップとして高所から指示するのでなく、現場を知る先輩として助言できる。自ら評価するのは僭越ではありますが、それが当社の明確な違いであると自負しております。

コントラクトMRには、人生の選択肢がある。

ここで、当社で働く「コントラクトMRの魅力」を私の口から語らせてください。製薬企業のMRと決定的に違うのが、「自由度」だと思っています。まず勤務エリアですが、通常では製薬企業のMRは選べません。一方で当社では、本人と相談の上勤務エリアを紹介しています。「ワーク・ライフ・バランス」という言葉が多用されて久しいですが、働く場所を選べるというのは、人生において大きな意味を持ちます。介護や子育ての事情で居住エリアを離れられない人は、想像以上にいるものです。
またキャリアの蓄積にも違いが出ます。ある領域を希望したくても、自社で製品を扱っていない場合は実務経験を積むことはできません。ところが当社のコントラクトMRであれば、どんな領域であれ、自ら手を挙げて挑戦することができるのです。最近多いのが、プライマリー領域出身のMRが、オンコロジー領域に挑戦するパターン。学ぶ意志の強いMRが努力を続けるためでしょうか、予想外に好成績を修めることが多く、お客様からも好評をいただいています。

資格だけでは測れない、相手を思いやる気持ち。

コントラクトMRを志望する人に求めていた要件も、最近では変わって来ています。営業経験より人柄やコミュニケーションスキルに重点を置くようになりました。転職者の顔ぶれをみても、CA、ホテルスタッフ、美容部員など、接客の経験を持たれている方が少しずつ増えています。「人と会って話すことが楽しい」「人の役に立ちたい」「人の痛みがわかる」。そうした人であれば、きっと素晴らしいMRになれることでしょう。もっと言えば、MRは単なる薬の販売ではなく、ドクターの先にいる患者様の健康を願う仕事。ドクターの思いを理解し、会話を通して印象に残り、ご要望に応える。その業務フローに親和性を持った人材は、業界を問わず積極的に採用しています。実際、資格が必要な専門職でありながら、当社のMRは70%以上が文系の出身。思いと志さえあれば、あとは当社独自の研修メソッドで必ず一人前のMRに育成します。

目標は大きく、創業以来の活気を感じて。

現在当社では、CSO事業として次のステージに登るべく、コントラクトMR数を1,000人規模まで増やす予定です。当社は内資系のCSO企業としては、歴史と取引メーカー数においてトップの地位を築いております。さらに2012年11月より、大手調剤薬局チェーンのクオール株式会社(東証一部上場)のグループ企業となり、全社一丸となって事業拡大を急いでいます。いまは創業以来、もっとも活気にあふれていると言っても過言ではありません。製薬企業からの期待値も上がってきており、「知識を持ったプロのMRをぜひ当社に」とよくご要望をいただきます。もはやコントラクトMRではなく、「プロフェッショナル」MR。近い将来、日本でも欧米のように、コントラクトMRが主流の時代が到来するかもしれません。職業としての魅力をもっと社会に訴えていく。それは私の使命でもあると受け止めています。

医療業界の課題をワンストップで解決する。

ここまでコントラクトMRを中心に述べさせていただきましたが、当社のもうひとつの柱、メディカルジョブ事業も急成長の途上です。CSOとMJの両事業による業務の受託、さらにはクオールグループとの協働を通じて、医療業界の課題をワンストップで解決できる。それがアポプラスステーションであり、そうした企業は当社を差し置いて他にはないと信じています。「お客様と共に成長し、医療業界の発展に寄与する」。どの企業でも掲げたくなるテーマではありますが、真に行動に移せる企業はどれだけあるでしょうか。少なくともアポプラスステーションはそこに向けて、日々、行動しています。そしてお客様にとっても、社員として働く人にとっても、幸せを形にしていきたいと願っています。

■社長ブログ
MR社長が往く
http://blog.apoplus.org/mr/

アポプラスステーション株式会社
〒103-0027 東京都中央区日本橋二丁目14番1号 フロントプレイス日本橋
TEL:03-5800-5827FAX:03-5800-5829
Pマーク クオール